google-mobile1-colors-ss-1920-800x450

ECサイト、ブログアフィリサイトなどサイト形態は沢山あり、
どれが正解のサイト運営の仕方なのかは答えはありませんし、
どれが一番良い利益率なのかは難しいです。

それより、運営者が何をやりたいかによって、
決まってくると思います。

そこで、今回は、完全ホワイトハット。
ひたむきな努力が最後に報われるといったサイトについて
話していきます。

長期でガツンと狙う!それが総合サイト

それは総合サイトです。
ポータルサイトとも呼びますが、この場合は総合サイトで通します。

総合サイトを作る上で、一番のデメリットはとにかく時間がかかるということと、
失敗出来ないということです。

失敗出来ないというのは、作り上げるのに時間がかかるために、
上がっても市場がなければ稼げないので、しくってしまったら
かなり痛手になるという意味です。

ですが、一度上がってしまうと、記事コンテンツがガンガン取れてくるので、
サイト自体が上位に上がってこなくてもそれほど問題はありません。

今回は、そういった事例も動画で説明しているので、ご覧頂ければと思います。
(動画は最下段)

またメリットは、一サイトだけで数百万を稼ぐことの出来るサイトになります。
そして、先ほども述べたように、
記事量が豊富になるために、個別記事がSEOでキャッチされやすいという特徴があります。

そして、しっかりとしたサイト構築をするために長期で稼ぎ続けることの
出来るサイトになります。当然、サイト売買においても、売却金額は通常の1年よりも、
2年で売却できる可能性もあります。それぐらい質の高いサイト作りをするのは、ある意味
コストパフォーマンスが良いとも言えます。

むしろ、そうしたサイト構築がgoogleの望んでいる形ですから、
googleからも睨まれないという特典付きです。

それでは、そんな正統派サイトを作っているサイトを見ていきましょう。

正統派サイト事例集1 中古車査定サイト

まずは株式会社アルビノ様が作成している
ここでは中古車査定サイトを紹介します。

%e7%84%a1%e9%a1%8c
http://www.kuruma-urutorako.com/
「車売るトラ子」

トップページが凄く見やすくて、
一見アフィリエイトとは思えないサイトですよね。
逆にアフィリエイターなら、パッと見て戦いたくないサイトですよね笑

しかも、上から見て、凄く中身がわかりやすいんです。

下の記事をスクロールすると分かりますが、コンテンツをクリックした後に、
またコンテンツがあって、そのまた下にもコンテンツがあります。

コンテンツが下層にあればあるほど、離脱率は上がりますが、
もはやこのレベルの質を保っているサイトであれば問題はなく、
むしろ精読率が上がる分、サイト滞在率が上がり、SEO上は有利になると思います。

「車売る」というビッグキーワードを狙っているわけですが、
最上位にはこのサイトは来ていません。しかし、記事で取れるため、一定の集客が
常にできる形になっています。

こういったサイトは一つは確保したいですね!

正統派サイト事例集2 酵素ドリンクアフィリエイトサイト

%e9%85%b5%e7%b4%a0

http://www.xn--t8j4aa4nwipf5iscy368gersb.net/
「酵素ドリンクの選び方 おすすめランキングに惑わされない方法」

こちらの方は、サイト作成ソフト「シリウス」を使用しています。
よくある形のサイトアフィリですが、このレベルでのサイトであれば、
酵素ドリンクの総合サイトのレベルと言って良いのかなと思います。

ただ、googleはランキング形式を嫌うので、この場合はおすすめ商品はコレ!
形にするか、消費者がカテゴリーで一発検索出来るようなシステムのやつを
入れても良いのかなーとは思います。

シリウスでそれが出来るのかはわかりませんが。

ただ、逆にビックワードを狙いにいくのなら、

ここまでやらなきゃ、
ブラックSEOをする人には勝てません。
という気合を感じるサイトですね。

正統派サイト事例集3 コンビニチョコまとめサイト

コンビニチョコ

http://konbinichoco.com/
「コンビニチョコLIFE」

ネットサーフィンをしていて、偶然見つけたサイトですが、
まとめサイトというのもおこがましい、サイトへの作りこみが半端ではありません。

素人にここまで作るのは難しいですが、是非参考にしたいサイトです。

ちなみに「コンビニ チョコ」の検索で一位を
獲得されております。個人的に気になったので、運営者情報を見てみると、
当然のごとく30代のweb関連で働いている方。

将来は、企画や取材、自分でチョコ作りに関わりたいなど、
具体的にサイトを作る意義というのを
述べておられますね。

一つの商品に対して、深く掘り下げて説明していて、画像も豊富ですし、
サイト訪問者がブックマークすること間違いなしの優良サイトと言えると
思います。

マネタイズ方法は、広告運用だけなので、とても
もったいない気がしますが、これこそインターネットのサイトの
意味だなぁと個人的には思いますね。

こんなにチョコレートの達人みたいな人が
おススメする商品だったら。
普通に買いたいと思いますよね。

チョコに興味ない私だって食べてみたいですから。

こういったお役立ち情報をしっかりユーザー目線で
サイト運営をしているので、個人的には素晴らしいサイトだと
思います。

正統派サイト事例集4 セブ島留学先紹介サイト

%e3%82%bb%e3%83%96

http://ceburyugaku.jp/
「俺のセブ島留学」

英語をセブ島で学びたい人に向けたサイトです。
著者が管理人の他にも多数いて、書いてもらったら報酬を渡すという方式
にしているようです。一記事3,000~7,000円程度とありますね。

ライターとして、運営者自身も多数の記事を書いておられますが、
こういったセブ島のことや英語のことを良質な記事を書き上げるために、
ライターを使うというのはとても良いと思います。

ライターを使っても、ペイが出れば問題ないわけですからね。

正統派でサイト構築をしている方に特徴的なのは、全体的に文字数が多いという
点です。そして、見やすさ重視にしていて、サブコンテンツも充実していることが
多いです。つまり、サイトに回遊させる・滞在させることも目的としているわけですね。

ここまでキチンと書いていれば、他の記事も見て、最後に自然と誘導するといった形を
狙っているわけです。

正統派サイト事例集5 薬学ポータルサイト

%e8%96%ac%e5%ad%a6

http://kusuri-jouhou.com/
「役に立つ薬の情報~情報薬学」

私がサイトというものに興味を持った頃と同じぐらいに
見た記憶があります。2012年ですね。

まだこれほどのモンスターサイト(現在月間PV300万)では
ありませんでしたが、中身のコンテンツが薬学のお役立ちコンテンツであり、
自身も薬剤師という職業であるので、濃い記事を書かれています。

恐らく複数のネットビジネスの塾で勉強されたのだと思います。
サイト構成と文面が塾にある形と似ているので。

こうした専門性に長けたサイトは、オンリーワンのサイトであるので、
いかようにもマネタイズの仕方がある好例だと思います。

[動画] ペラサイトからの総合サイト戦略

ペラページというのは二つの意味があり、
中身のあまりないペラペラのページ。これは直ぐに作れます。

特攻隊長みたいなサイトなんで、数打つ形です。
殆どのアフィリエイターがまずはテストサイトとして
数打っていきます。

ヒット率について、普通で10%。
大体上手い人で20%という感覚で問題ありません。
稼げる金額としては、5,000円~10万円ぐらいです。

で、ジャンルなんですが、多ジャンルでやっていくと
自分の知識が曖昧な状態で書いていくことになるので、
時間がかかりやすいのと、そのジャンルでの状況を判断しにくいという
デメリットがあります。

そこで問題なのが、最近ではホントにペラページのサイトは
検索順位に上りませんので、ある程度は書いていくということです。
単純に15分~20分で作って量戦略みたいなものはやめたほうがいいです。

大体、一つのサイトに4~5時間はかけ、それで量戦略をかけていきます。
だから、全くの労をしないというわけでなく、ある程度の力を入れた
ペラページという戦略です。

それで上らなければ、バックリンクに回せばいいし、もし上がりそうなら
そのまま総合サイトで本サイトとしての格上げになりますので。
バックリンクについては、ジャンルも絞ることによって、googleからの
効果は他ジャンルからのリンクよりかは良いのかなと。
(これは確定情報でもありません、たぶんという条件)

※この動画は、数年前のネットビジネス塾内の有料コンテンツの内容になります。

[動画] 総合サイト戦略の極意

情報の質ならびに量を確保するのが、総合サイトの基本となります。

ビッグキーワードを狙いにいける+上がったら順位が落ちにくいという
最大のメリットがあります。

サイト構築は作る前にある程度考えていなければならないので、
上級者向けともいえますが、何らかの専門性が自分が持っている場合は、
それを全面的に打ち出して、こうした総合サイトを作るのが吉です。

また専門知識が無かったとしても、
「俺のセブ島留学」のような外注戦略を駆使するのも可能ですね。
勿論最低限の知識は必要になってくるとは思いますが。

デメリットとしては、量も質も確保しながら、
サイトを一から作り上げたとしても、SEOで検索が何か月も上がらず、
苦しい思いをするのは間違いありませんので、

サイト売買に至っては、購入したサイトを自分なりにアレンジして、
総合サイト化するのも手かもしれませんね。

こうした総合サイトは複数保持しているのが望ましいですが、
最低でも一つは確保したいサイト形態の一つと言えるでしょう。

※この動画は、数年前のネットビジネス塾内の有料コンテンツの内容になります。